結婚式のイメージの作り方!2つのポイントから、理想の式を考えよう

結婚式場を回る前には、式のイメージを作っておくと良いです。細かいことは式場のプランナーさんと相談すれば良いですが、始めにベースがあるとスタッフさんが提案をしやすくなります。

ただ、いざ結婚式のイメージを考えようと思っても、なかなか思い浮かばないことは多いもの。そこでここでは、「結婚式のイメージの作り方」を紹介します。参考にしてみてくださいね。

結婚式のイメージを決める、2つのポイント

結婚式のイメージを決めるには、次の2つを考えることが大切!

【結婚式のイメージを考える、2つのポイント】

  • 「結婚式のスタイル」を決める。
  • 「挙式の形式」を決める。

結婚式のスタイルとはレストランウェディングやリゾート挙式など、「どんな結婚式にするか?」ということ。挙式の形式とは、「チャペルや教会など、どんな形で結婚の誓いをするか?」ということです。

結婚式は大切なイベントなので、これらをすぐ決めるのは難しいもの。まずは「この2つを考える必要があるんだ」と理解すれば大丈夫です^^

2人のイメージに合う、結婚式の「スタイル」を決めよう

ひとことで結婚式といっても、そのスタイルはさまざま。主に8つのパターンがあるので、どんな式のスタイルなのかざっと見ていきましょう。

【結婚式のスタイル8パターン】

  • 一般的な「挙式」+「披露宴」の結婚式
  • 身内だけで行いたいなら「挙式のみ」の結婚式
  • 理想を叶えやすい、「2人だけ」での結婚式
  • 気軽でアットホームな「レストランウェディング」
  • 格式高い雰囲気の「ホテルウェディング」
  • 憧れのリゾートで式を挙げる「リゾートウェディング」
  • 施設を丸ごと貸し切りする「ゲストハウスウェディング」
  • おめでた婚におすすめな「マタニティウェディング」

一般的な「挙式」+「披露宴」の結婚式

結婚式といえば、一般的にはこのスタイルを指すことが多いです。チャペルや教会などで結婚の誓いを立てる「挙式」と、参列者にお礼や感謝の気持ちを込めて行う「披露宴」に分かれます。

「みんなにお祝いしてもらいたい」「自分たちの結婚式へ、いろんな人に来てほしい」という場合、このスタイルがオススメ。盛大にお祝いしてもらえて、とても良い思い出になるはずです。

身内だけで行いたいなら「挙式のみ」の結婚式

コンパクトな結婚式がいいなら、披露宴をせずに「挙式だけ」にする方法もあります。身内や仲の良い友人だけを招いて結婚式をするスタイルです。

結婚式を挙式だけにする場合、費用を抑えられるのがメリット。また、招待状を送ったり引き出物を考えたりといった手間が省けるので、お金も時間も節約できます。

ただし挙式だけにするとドレスを着られる時間が短くなるので、新婦にとっては楽しみが減るのがデメリットです。

管理人も披露宴をせず、挙式と両親との簡単な食事会だけにしました。費用はトータルで70万円ほどで、奥さんがドレスを着ている時間は3時間くらいでした。

理想を叶えやすい、「2人だけ」での結婚式

親族や友人・知人を招待せず、完全に2人だけで結婚式をするのもひとつのスタイル。

この場合、自分たちの希望だけを取り入れて式を作れば良いので、理想を叶えやすいです。「式場で、思い出に残るベストショットを撮ろう」「ハワイの教会で式を挙げよう」など、2人だけのオリジナル結婚式にこだわるのもオススメです。

2人だけでの結婚式は自由度が高い反面、「周りの人へ感謝を伝えにくい」という点がデメリット。式を終えてから「結婚しました」という形で、何か報告やお礼を伝えると良いですね。

気軽でアットホームな「レストランウェディング」

最近はレストランで披露宴をするカップルも多いです。チャペルなどで式を挙げたあとにレストランへ移動して、披露宴を行います。

レストランウェディングは食事重視なので、参列する方においしい料理を楽しんでもらいながらお祝いしてもらえます。食事がおいしいと場の雰囲気も盛り上がりやすく、アットホームな式をしたいならオススメです。

また、レストランウェディングは一般的な結婚式場での式に比べて、リーズナブルなのもポイント。費用を抑えつつ思い出の結婚式を挙げたい場合にピッタリです。

格式高い雰囲気の「ホテルウェディング」

洗練された格式高い雰囲気で結婚式を挙げるなら、ホテルウェディング。高級ホテルの式場スペースで式を挙げることができ、結婚式場やレストランウェディングとはまた違う雰囲気があります。高層階で挙式できるところが多いため、参列する方に見事な眺望を楽しんでもらうことができます。

また、ホテルのスタッフはサービスのプロ。結婚式でもそのサービス力を活かして、上質なおもてなしをしてくれます。披露宴のメニューはおいしくておしゃれで、スタッフの対応もバッチリ。ホテルの雰囲気が好きなら、ホテルウェディングは満足できるはずです。

憧れのリゾートで式を挙げる「リゾートウェディング」

結婚式は2人の地元や、住んでいる場所から近い主要都市で挙げることが多いです。ただ、カップルによっては、リゾート地で挙式する「リゾートウェディング」を選ぶこともあります。

軽井沢や沖縄、さらには海外のハワイやモルディブなど、憧れのリゾートで結婚式をすれば、一生の思い出になるはず。友人や知人を招くのは難しくなりますが、両親や身内だけ、もしくは2人だけで挙式を考えているならオススメ。家族も連れていけば、とても良い親孝行になりますよ。

施設を丸ごと貸し切りする「ゲストハウスウェディング」

自然の多い場所には、ゲストハウスという貸し切りで利用できる施設があります。好みに合う雰囲気のゲストハウスを借りて結婚式をする「ゲストハウスウェディング」も、最近は人気です。

ゲストハウスウェディングは貸し切りなので自由度が高く、アットホームな雰囲気が特徴。結婚式場ほど広い空間ではないため参列者との距離が近く、感謝の気持ちをダイレクトに伝えたり、逆にお祝いしてもらえたりします。

また、ゲストハウスは森や湖畔の近くにあることも多いため、自然あふれる雰囲気の中で挙式できます。アウトドアが好きなら、こうした場所での結婚式も良いですね。

おめでた婚におすすめな「マタニティウェディング」

最後は「マタニティウェディング」というスタイル。最近はおめでた婚で式を挙げるカップルも多いですが、「お腹が大きくなる前に挙式したい」「少しずつお腹が大きくなっていて、早めに挙式したい」という場合にピッタリです。

マタニティウェディングではお腹に負担をかけにくいドレスを提案してもらえたり、最短2週間や3週間で挙式をできたりします。体調に合わせて挙式までの打ち合わせ回数を調整してもらえることも多いので、お腹の赤ちゃんにも配慮しながら結婚式を挙げられます。

挙式のスタイルは3パターン

結婚式の全体的なスタイルは上の8パターンですが、2人で結婚を誓う「挙式」にも3種類のスタイルがあります。

【挙式のスタイル3パターン】

  • 人前式:一般的な挙式スタイル
  • 教会式:教会で挙式するスタイル
  • 神前式:日本の伝統を大切にする挙式スタイル

参列者が証人になる一般的なスタイルの「人前式(じんぜんしき)」

人前式(じんぜんしき)はイチバン一般的な挙式スタイル。

挙式では新郎・新婦が結婚の誓いを立てますが、誓いを見守る「証人」が必要です。人前式は神様に誓いを立て、参列する親族や友人・知人が証人になってくれます。そのため自分たちで考えた「誓いの言葉」を、ゲストに聞いてもらう形式になります。

人前式は宗教やしきたりなどのルールをあまり気にする必要がなく、進行や演出などを自由に決められます。参列者の方にフラワーシャワーをかけてもらったり、オリジナルの結婚証明書を用意したりと、さまざまな演出があります。

もちろんベースの形式はブライダルプランナーが提案してくれるため、そこに自分たちの「こうしたい」という希望を加えましょう。

教会で式を行う「教会式(キリスト教式)」

挙式をする場所として、「教会」も人気です。キリスト教のしきたりに沿って教会で式を挙げるスタイルを「教会式」といいます。

教会式はキリスト教のルールを守る必要があるものの、人前式に似ています。親族・友人・知人に参列してもらうことができ、教会の神聖な雰囲気の中で挙式できます。

ただ、人前式と異なるのは、神様に誓いを立てる証人となるのが、参列者ではなく「牧師」という点。そのため、牧師からの呼びかけに応える形で誓いを立てます。

日本古来のスタイルで式を挙げる「神前式(しんぜんしき)」

神前式は和装での挙式、つまり神社の神殿で挙式をします。明治時代から続く日本の伝統的な挙式スタイルで、「結婚は家と家が結びつくこと」という考えが根付いています。そのため参列するのは、新郎・新婦と両家の親族だけで、友人・知人は披露宴からとなります。

結婚するのは2人ですが、家族同士のつながりを大切にしたい場合や、「和装で結婚式を挙げたい」という場合には、神前式がオススメです。

神前式は「修祓の儀(しゅばつのぎ)」「三々九度の盃(さんさんくどのはい)」など、2人で行うさまざまな儀式があります。前もって少し練習する必要があり、当日は緊張するかもしれません。

ただ、こうした時間があるからこそ挙式が特別な思い出になり、「あのときが忘れられない」となることも多いです。神社ならではの厳粛な雰囲気も、神前式の特徴です。

どんなスタイル・挙式形式にするか迷ったら、考えると良いポイント

上のように結婚式は、さまざまなスタイル・挙式の形式があります。「これにしよう!」とパッと決められれば良いですが、迷ってしまうことは多いもの。そんなときは、次の4つのポイントを参考にしましょう。

【結婚式のスタイルで迷ったときにするべきこと】

  • 雑誌の「ゼクシィ」の写真を見て、気になる式場を見つけよう。
  • 挙式の「時期」「場所」「人数」をざっくり考えよう。
  • 結婚式の「テーマ」を考えてみよう。
  • 結婚式の「イメージカラー」を決めてみよう。

雑誌の「ゼクシィ」の写真を見て、気になる式場を見つけよう

結婚式を考え始めたらテッパンともいえるのが、雑誌の「ゼクシィ」。ゼクシィには結婚式場の写真がたくさん掲載されているので、「ここいいな〜」と感じる式場を見つけてみましょう。パラパラめくるだけでも、かなり気になる式場が見つかると思います。

こうしていくつか興味の湧く式場を選んだら、「ブライダルフェア」に出かけてみましょう。結婚式場は定期的にブライダルフェアを開催していて、2人に合う式の提案や相談に乗ってくれます。マイナビウェディングなら、参加するフェアの数で最大60,000円分の電子マネーがもらえるのでおトクです♪

>>マイナビウェディング公式サイト

挙式の「時期」「場所」「人数」をざっくり考えよう

結婚式を考えるときには、

  • 結婚式をする時期
  • 結婚式をする場所
  • 結婚式に招待する方の人数

この3つを考えておくと良いです。探し始めの段階ではまだざっくりで大丈夫なので、「式場の場所はこのあたりで、だいたい30人くらいかな」のようにイメージしておくと良いです。

ぼんやりと考えておくだけでも、式場のプランナーさんとの相談がスムーズになります。あとは話しながら具体的な内容が決まっていくので、最初のベースだけでも考えておきましょう。

結婚式の「テーマ」を考えてみよう

式場を回り始めるとわかりますが、プランナーから「結婚式のテーマを決めましょう」と提案されることが多いです。

  • お世話になった人に感謝を伝えたい。
  • アットホームで賑やかな式にしたい。
  • 食べることが好きなので、料理にこだわりたい。
  • とにかく2人のこだわりを叶える結婚式にしたい。

上のような感じで、自分たちならではのテーマを考えると良いです。これが「結婚式のコンセプト」になり、2人だけの思い出深いイベントを作ることができます。

テーマはあまり堅苦しく考えず、「こんなのどう?」「いいねいいね」という感じで、2人で過ごしているときに雑談しながら考えればOK。そのほうが自分たちらしさが出るはずです。

管理人の場合は「感謝」でした。シンプルに「ありがとうを伝えよう」という感じでしたが、温かい雰囲気になって良かったと思います。

結婚式の「イメージカラー」を決めてみよう

テーマと合わせて考えると良いのが、「イメージカラー」。ピンクやオレンジ、エメラルドグリーンなど、自分たちの結婚式はどんなカラーがベースになるか考えてみてください。色がきっかけで、結婚式のイメージが湧いてくることもよくあります。

管理人の場合、カラーではないですが「アンティークのような雰囲気」でした。

2人だけで全て決めなくてOK!式場のスタッフに相談しよう

ここまで紹介したポイントを参考にすれば、結婚式のイメージが湧いてくるはず。ただ、「どんな結婚式が良いか、なかなかイメージが湧かない」というときでも、結婚式場のスタッフに相談すれば大丈夫です。

管理人も始めはあまり結婚式のイメージが湧きませんでしたが、ブライダルフェアに行ってプランナーさんと話していたら、ドンドン具体的になりました。実際に式場を見ていろんな提案をしてもらうのは、とても参考になるはず。結婚式場は見に行くととても楽しいので、ぜひ2人で出かけてみてください。

結婚式のイメージを考えて、式場選びに役立てよう

結婚式場を回るときには、結婚式のイメージを考えておくとスムーズ。上で紹介した式のスタイル・挙式形式を参考に、2人で相談してみてくださいね。

また、式のイメージはひとまずざっくり考えておけばOK。あとはブライダルフェアに参加すれば、具体亭なことも考えられるようになるはずです。ブライダルフェアは披露宴の料理を試食できて特典ももらえるので、気軽に行ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です