婚約指輪の買い方・選び方まとめ!相場はいくら?どうやって贈る?

婚約するときには、「婚約指輪(エンゲージリング)」を彼女へプレゼントしますよね。

このとき、

「いくらくらいの指輪を買えばいいんだろ・・」
「どうやって選べばいいんだろ」

と迷うことは多いもの。

管理人も婚約指輪を買うことは知っていたものの、いざ購入するときには初めてのことが多くて悩みました(汗)

そこでここでは「婚約指輪の選び方・購入」について解説します。彼女さんへ、ベストなエンゲージリングをプレゼントしてあげてくださいね!

婚約指輪の相場は20~40万円ほど!

婚約指輪はこれまで、「給料の2~3ヶ月分」といわれてきました。ただ、最近は金額で考えることが多く、予算20~40万円くらいで選ぶことが多いです。

また、金額も大切ですが、「デザイン」もとても大切!

いくら高いリングでも彼女が好きなデザインでないと、満足してくれません(汗)管理人としては上の相場に当てはまっていれば、あとはブランドやデザイン重視で良いと思います。

贈り方は2パターン

婚約指輪といえばプロポーズ前に男性が用意しておき、夜景の見えるレストランで「僕と結婚してください!」みたいな感じで女性に渡すイメージがありますよね。

これも確かにひとつのパターンですが、婚約指輪の贈り方は、大きく分けて2パターンあります。

  1. 先に男性が選んでおき、プロポーズのときにプレゼント!
  2. プロポーズ後、彼女と一緒に選ぶ。
1のパターンはサプライズ感があり、成功すれば女性がとても喜んでくれます。

ただ、せっかく婚約指輪を購入したのに、「まだ結婚する気はないの・・」「好みのデザインと、ちょっと違うかな~」のように言われる可能性がゼロとはいえません。少しリスクのある贈り方といえます。

2のパターンはプロポーズが成功してから彼女と一緒に購入するため、彼女の気にいるデザインのリングを選べます。サプライズ感は低いかもしれませんが、女性の満足度は高い贈り方といえます。

管理人は、後者のパターンでした。プロポーズ前に数十万円もする指輪を選ぶのは、管理人にはとてもムリでした・・(汗)

特に女性は30代ともなると、自分の好みにこだわりが多いもの。なので僕が選んだデザインの指輪で満足してもらえるか、不安もありました。

そんなわけで管理人は彼女と一緒に、婚約指輪を買いに行きました。指輪を2人で選ぶときは楽しかったですし、良かったと思っています。

指輪のサイズを、どうチェックする?

上で紹介した1のパターン(婚約指輪を前もって用意して、プロポーズで渡す場合)を選ぶ場合、彼女の指輪のサイズを前もって確認しておく必要があります。

指輪はぴったりのサイズを選ばないと、指が痛くなったり、外れなくなったり、逆に簡単に外れてしまったりします。そのため彼女の指輪のサイズも、しっかりとチェックしないといけません。

  • 買い物へ出かけたときに、彼女へさりげなく指輪のサイズを聞いてみる。
  • 彼女の友達に聞いてみる。
  • 彼女が寝ているときに、指にヒモを巻いてチェックする。
こうした方法で、彼女の指輪サイズを確かめることができます。

結婚を考えるくらいの仲になると、買い物のときに2人で指輪を見ることもあると思います。そのときに、彼女へそれとなく聞くのがオススメです(笑)

婚約指輪は購入後すぐに受け取れないことが多い

婚約指輪はお店に行って「これください」と言っても、すぐに持ち帰れないことがほとんどです。

婚約指輪・結婚指輪は男女の指に合わせて作られるので、サイズ調整や制作の期間が必要なのです。

指輪が出来上がるまでにかかる期間はお店にもよりますが、だいたい1~3ヶ月ほど。

管理人の場合は40日くらいでした。かなり待ちましたが、「良いものは作るのに時間がかかるんだ」と実感できて、嬉しくなりました!

ちなみに婚約指輪・結婚指輪は、次のような種類があります。

既製品(レディーメイド):デザインが決まっているリング。1ヶ月ほど
セミオーダー:石とアーム(輪っかの部分)のデザインを、それぞれ選べる。1~2ヶ月ほど
フルオーダー:完全にオリジナルデザインのリングを作ってもらえる。2~3ヶ月ほど
管理人が購入したのはレディーメイドのリングなので、完成までに待った期間はまだ短めでした。セミオーダーやフルオーダーの場合、もう少し時間がかかります。前もって計画を練ると良いですね。

婚約指輪の選び方3パターン

婚約指輪を購入することが決まったら、「どのブランドの、どのデザインを選ぶか」を考える必要があります。

エンゲージリングは、大きく分けると3パターンの選び方があります。

  • 有名・人気ブランドから選ぶ。
  • ゼクシィで写真を見ながら選ぶ。
  • 彼女が好きなブランドで選ぶ。

有名・人気ブランドから選ぶ

まずは有名ブランドや人気のジュエリーブランド・アクセサリーブランドから選ぶパターン。

  • ティファニー
  • 4℃(ヨンドシー)
  • スタージュエリー
  • ニワカ
  • ハリーウィンストン
このあたりは特に人気のブランド。好きな女性も多いので、これらのブランドのオフィシャルサイトでリングのラインナップを見てみると良いです。「ティファニー エンゲージリング」のように検索しても出てきます。

プロポーズ前に男性だけで決めるデザインを決める場合、くれぐれも彼女の雰囲気や好みに合うものを選びましょう。プロポーズ後に2人で選ぶなら、一緒にカタログを見るのも良いと思いますよ。

「ゼクシィ」で写真を見ながら選ぶ

婚約が決まると、「ゼクシィ」を買うことも多いはず。管理人もプロポーズした2日後には購入しました(笑)

ゼクシィには結婚に関するいろんな情報が詰まっていますが、中でもリングに関するページはとても多いです。写真を見ながらどれが良いかを考えることができるので、イメージが湧きやすくて良いですよ。パラパラとページをめくっていると、思わぬブランドのデザインを意外と気に入ることもあります。

ゼクシィは20代向けの通常版が400円ほど、30代向けの「ゼクシィプレミア」は500円で購入できます。管理人は両方買いました(笑)

彼女が好きなブランドで選ぶ

女性はアクセサリー好きで、お気に入りのブランドがあることも多いです。そして婚約指輪や結婚指輪も、「好きなブランドのデザインがいい!」と思っていることがよくあります。そのため彼女のお気に入りブランドで、婚約指輪を選ぶのもオススメです。

管理人は、このパターンで婚約指輪を購入しました。少しアンティークな雰囲気がある「Agate(アガット)」というブランドで、エンゲージ・マリッジ両方を購入しました。

アガットのリングは落ち着いたデザインながらもダイヤの輝きがしっかりあって、管理人も男ながら「良いデザインだなー」と思いました。スタッフさんにもていねいに対応してもらえて良かったです。

彼女はすごく満足していたので、このパターンで購入して良かったです。ちなみにアガットのリングはエンゲージで20万、マリッジは男女それぞれの分で9万くらいずつでした。

管理人の場合、プロポーズしてから婚約指輪を注文して、出来上がったときには入籍していました(笑)

順番がもはやバラバラな感じですが、エンゲージリングには「これからも夫婦でいる証」のという意味合いもあるので、まあ良いのかなと思いました。というか、思うことにしました(笑)

リングに「刻印」もしてもらうのもオススメ

婚約指輪や結婚指輪には多くの場合、「刻印」をしてもらうことができます。

リングの内側に文字を入れてもらうと、より思い入れのあるプレゼントになりますよ。お店によって「アルファベットで12文字まで」のように決まっているので、その範囲内で文字列を決めましょう。

例としては次のようなものがあります。

  • 2018.1.11:婚約指輪をプレゼントした日や、プロポーズの日を入れる。
  • TARO to HANAKO:「太郎から花子へ」の意味。
結婚指輪はこれからも思い入れのある品物になるので、上のようなスタンダードな文字列はオススメです。もちろん2人で相談した上で、好みの文字を入れるのも良いです。

豆知識:「ダイヤの品質」と「誕生石」を知っておこう

結婚指輪を選ぶときの参考として、「ダイヤの品質」と「誕生石」について知っておくと良いです。リングに使われているダイヤを見極めることができたり、誕生石がついたリングを選んだりすることができ、より納得のいく婚約指輪選びができます。

ダイヤの品質は「4C」で評価される

「ダイヤモンドは永遠の輝き」といわれますが、同じダイヤでも品質があり、4つの基準で評価されます。これをまとめて「4C」といいます。

Carat(カラット):「ct」で表される、ダイヤ(宝石)の重さを表す単位。1ct=0.2g。エンゲージリングのダイヤは、0.3ct(0.06~0.07g)ほどのものが多いです。

Clarity(クラリティ):「透明度」を表すもの。不純物や傷が少ないほど高ランクで、最高は「FL」というランク。

Cut(カット):ダイヤ(宝石)の「カット状態」を示すもの。カット面がきれいなほど高ランク。5段階に分かれていて「Excellent(エクセレント)」が最高ランク。

Color(カラー):ダイヤ(宝石)の「色」を示すもの。D~Zの23段階に分かれていて、最高ランクは無色透明の「D」。色のついたダイヤは希少価値があり、Dよりも高く評価されることがある。

4Cを基準に、選ぶリングの品質をチェックしてみてくださいね。ただ、あまりこだわりすぎると迷って選べなくなる可能性があるので注意です!

誕生石について知っておこう

誕生日の月を「誕生月」といい、それぞれの誕生月には「誕生石」が決められています。

女性の誕生石がついたエンゲージリングを選ぶと、より思い入れがアップしやすいです。ダイヤのついたリングも良いですが、誕生石のリングもオススメですよ。

1月 ガーメット
2月 アメシスト
3月 アクアマリン・サンゴ・ブラッドストーン
4月 ダイヤモンド
5月 エメラルド・ヒスイ
6月 パール・ムーンストーン
7月 ルビー
8月 ペリドット・サードニクス
9月 サファイヤ
10月 オパール・トルマリン
11月 トパーズ・シトリン
12月 トルコ石・ラピスラズリ

納得のいく婚約指輪を選ぼう!

婚約指輪は20~40万円ほどが相場。また、注文してから1~3ヶ月ほどかかるので、余裕をもって注文してくださいね。サプライズ的にプレゼントするのも良いですし、彼女さんと一緒に選ぶのも良いです。紹介した選び方を参考に、納得のいくデザインを選んでもらえたら嬉しいです!

婚約指輪をプレゼントしたら、いよいよ結婚のタイミングも近づいてきますね。ここから結婚指輪(マリッジリング)や入籍、新居への引越しなど、お金がかかるものの楽しいことがたくさんあります(笑)ぜひ大切に時間を過ごしてほしいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です