ブライダルフェアは当日成約割引がある!料金の値引き交渉はできる?

ブライダルフェアには「当日成約割引」という割引特典があります。フェア参加当日に挙式の契約をすると、費用を安くしてもらうことができます。

当日成約割引は大きな魅力なのですが、「フェア当日のみ」という点に気をつける必要があります。

そこでここでは、「ブライダルフェアの当日成約割引を活用する上で気をつけること」を紹介します。希望の式場を、なるべくおトクに契約してくださいね!

ブライダルフェアに参加すると「当日成約割引」がある!

ブライダルフェアは式場の見学や試食を終えたあと、「見積もりの提案」があります。

見積もりでは「希望の結婚式を挙げるには、これくらいかかります」という金額を出してもらうことができます。

見積もりの内訳には「挙式費用」「衣装代(ドレス・タキシードの費用)」「披露宴の料理代」「披露宴会場の利用料」などの項目が含まれていますが、最後に「当日成約割引」という割引特典があります。

当日成約割引とは「ブライダルフェア参加当日に契約する場合、特別に適用してもらえる割引」です。管理人の場合は20万円ほどの割引がありましたが、これは「挙式のみ」の場合です。披露宴も合わせて行う場合、50万円などの大きな割引が入ることもあります。

ブライダルフェアは「まずは情報収集も兼ねて、気軽に行ってみよう」と考えて参加する人が多いです。ですが近いうちに挙式を考えている状態でこうした提案を受けると、一気に結婚式場を決めたくなることがあります。

当日成約割引で数十万円の差が出るのは、とても大きいです。あらかじめこうした割引を提案される可能性があると頭に入れて、ブライダルフェアへ参加すると良いです。

また、式場スタッフはこの値引きを「フェア当日に契約を取りやすくするため」に提案します。ただ、ほとんどの式場で強引な売り込みはなく、ていねいに提案してもらうことができます。最近はネットで悪評はすぐに広まるため、「しつこく営業されて帰れない」などのトラブルはまずないです。

ちなみにブライダルフェアは、交際中のカップルも参加できます。まだ挙式の予定がない場合、式場スタッフからこうした本気の提案はありません。

本命のブライダルフェアは、一番最後に行くべき

当日成約割引がおトクだと、その式場での挙式を決めたくなります。管理人も20万円の値引きを提案されたときには、気持ちがとても揺れました(汗)

ただ、本命(第1候補)の式場で開催されるブライダルフェアへ最初に行ってしまうと、「確かに安いけど、ほかの式場も見てから決めたい」と思うことは多いです。

そのためなるべく後悔しないために、本命のブライダルフェアは「最後」に行くのがオススメです。

ほかの式場も回った上で第1候補の式場へ行けば、「ほかも回ったけど、やっぱりここがいいね」と納得しやすいです。すると当日成約割引を提案されても、すぐに契約を進めることができます。

ブライダルフェアは「回る順番」が大切なので、挙式の予定がある場合は覚えておくと良いですよ。

当日割引の入った見積もりから、さらに値引き交渉はできる?

当日成約割引は、とても大きな値引きです。ただ、「ここまで下がったなら、もう少しだけ値切りができないかな?」と思うこともあるかもしれません(笑)

実際のところ当日成約割引が入った金額からの値引きは、できないことが多いです。ただ、どうしてももう少し粘りたい場合は、次の3つを意識して値段交渉しましょう。

  • 「もう少し値引きできたりします?」と聞いてみる。
  • ほかの式場で提案された金額と迷っていることを伝える。
  • すごく迷っている素ぶりを見せる。

「もう少し値引きできたりします?」と聞いてみる

世の中は「言ったもの勝ち」な面があります。

要は「値引きしてほしい」と口に出すと、式場スタッフもそのことを考え始めてくれます。何も言わなければ、残念ながら相手から値引きの提案をしてくれることはありません。

式場スタッフは値引き交渉をしないお客さんを「良い人」と思いながらも、「このカップルは、値段交渉をしないんだな」と感じていることがあります。スタッフは式場の利益を上げることが仕事なので、わざわざ自分から値引きをすることはないのです。

なので、値引きをしてほしければ、こちらから「もう少し、値引きできたりします?」とやんわり聞いてみると良いです。これで確実に費用を安くしてもらえるわけではないですが、下がる可能性が出てきます。

あまり強く「値下げしてよ」と言ってしまうとスタッフの機嫌を損ねやすいので、それとなく伝えるのがオススメです。

ほかの式場で提案された金額と迷っていることを伝える

「ほかの式場と迷っていること」を伝えるのも、さらにお得な提案を引き出す方法です。

「式場や料理はすごく満足ですが、前に行った式場のほうが費用的にお得なので、どうしようかなと・・。正直、迷ってます(笑)」

上のように伝えると、式場スタッフは「あとひと押しで契約してくれるかも!」と考えます。そして「ちなみにほかの式場は、どのくらいの費用だったのですか?」と聞いてくることがあります。

このように質問されたら、値引きでほかの式場と同程度の費用に合わせてくれるかもしれません。

式場スタッフはもちろん2人の結婚を祝ってくれますが、「挙式の契約を取ること」が仕事です。あと少しで契約してくれそうなお客さんを逃したくない気持ちから、さらなる値引きを提案してくれることがあります。

すごく迷っている素ぶりを見せる

これもほかの式場を引き合いに出す方法ですが、「くぅ~~、もうひとつの式場と、どちらにするか悩むなぁ」と、迷う素ぶりを見せることも効果的です。また、「どちらも良いけど、やっぱり前に見た式場かなあ・・」と決めかけてみます。

こうした様子でいると、スタッフは「すごく迷ってる!あと少しで契約してもらえるかも」と考えて、追加の提案をしてくれる可能性があります。

ただ、こうした「フリ」は、あからさまにするとバレてしまうことがあります。「この人が悩んでるのは縁起だな」と思われたら、追加の値引きを引き出すのは難しいです。本当に複数の式場で迷う場合は、参考にしてみてください。

アイキャッチ画像を削除当日成約割引は、あくまでも「フェア参加当日のみ」

ブライダルフェアの当日成約割引は、あくまでも「フェア参加当日のみ」です。参加した日を過ぎてから契約する場合、フェアに参加した日と同じ金額になる可能性は低いです。

「当日成約割引っていっても、後で契約しても結局同じ金額になるんじゃない?」と思うかもしれませんが、「当日成約割引はあくまでもフェア参加当日の特典なので・・」と言われる可能性は高いです。ただ、割引額がゼロになるわけではなく、少し値引きが小さくなった金額で契約することになることが多いです。

当日成約割引はやはりお得なので、上で紹介したように「本命のフェアを最後に行く」という順番に気をつけましょう。

当日成約割引で、なるべくおトクに契約しよう

ブライダルフェアでは当日成約割引があり、挙式費用を数十万円ほど割引してもらえることが多いです。その場で契約するとおトクなので、フェアを回る順番に気をつけて、希望の式場をおトクに契約しましょう。

なお、ブライダルフェアへ行くならゼクシィや楽天ウェディングなど、「結婚式場・ブライダルフェア探しのサイト」を使うのがオススメ。

サイトによってキャンペーンが違うため、なるべくおトクになるサイトを使うほうが良いです。別ページでオススメのサイトをランキングで紹介しているので、合わせて参考にしてくださいね!

>>結婚式場・ブライダルフェア探しはこのサイト!比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です