ブライダルフェアの予約の仕方は4ステップ!よりお得に予約するなら?

ブライダルフェアへ行きたくなったら、「予約」をする必要があります。いきなり結婚式場へ行ってもスタッフは準備ができていないため、ていねいに対応してもらえないことが多いです。

ただ、ブライダルフェアの参加が初めての場合、「どうやって予約するんだろう」「もしキャンセルする場合はどうすればいいんだろう」と気になることもあるもの。

そこでここでは、「ブライダルフェアの予約方法」や「キャンセルしたくなった場合の手続き」を紹介します。ブライダルフェアは結婚式の準備にとても役立つので、ぜひ足を運んでくださいね。

ブライダルフェアは基本的に予約制。ゼクシィやマイナビで簡単

ブライダルフェアは基本的に、予約をする必要があります。

ブライダルフェアは挙式の予定があるカップルだけでなく、まだ婚約や入籍前の人も参加することができます。ただ、式場のスタッフが一番力を入れて提案をしたいのは、挙式予定のカップルです。こうした2人をしっかりと案内できるように、ブライダルフェアは予約制となっています。

フェアの予約は結婚式場の公式サイトからでもできますが、「ゼクシィ(雑誌ではなくwebサイトのほう)」や「マイナビウェディング」などの結婚式場検索サイトから予約するのが一般的。これらのサイトは日本全国にある結婚式場の情報を掲載していて、ブライダルフェアをチェックできます。

管理人もブライダルフェアは全て、ゼクシィとマイナビウェディングを通して予約しました。いろんな式場をチェックできて予約もカンタン。確かに便利です!

ブライダルフェアの予約の仕方は4ステップ

ブライダルフェアの予約方法は、次の4ステップ。スマホでもPCでも大丈夫です。

  1. ゼクシィやマイナビウェディングで、エリアと希望日から結婚式場を検索。
  2. 興味の湧いたブライダルフェアの詳細をチェック。
  3. 予約ボタンを押して、予約をする。
  4. 予約完了のメールと、確認の電話連絡がくる。
それぞれのステップを、順番に解説します。ここではマイナビウェディングを例に解説しますが、ゼクシィでも基本の流れは同じです。

ゼクシィやマイナビウェディングで、エリアと希望日から結婚式場を検索

まずは「式場を探したいエリア」と「フェアに行きたい日」から、結婚式場を検索します。検索ボタンを押すと、希望の日にブライダルフェアを開催している式場が一覧で表示されます。

興味の湧いたブライダルフェアの詳細をチェック

一覧には式場とブライダルフェアの概要、写真が掲載されているので、ざっと見ながら興味の湧く式場を探します。式場名を押すと、フェアの詳細が表示されます。聞いたことのある式場からチェックするのも良いですし、目当ての式場があればそこから確認するのも良いです。

ブライダルフェアは有料の場合もありますが、基本的には無料。そのため気軽に参加することができます。迷ったら、「とりあえず行ってみようか」という感じで良いと思います。

ちなみに有料のフェアは、高級ホテルなどで開催されるものに多いです。5,000円前後で参加でき、普通なら1万円はかかるコース料理を全て試食できます!お金はかかるものの、これはこれでコスパが良いと思います。

予約ボタンを押して、予約をする

行こうと思うブライダルフェアが決まったら、予約をします。フェアの日にち・時間帯を確認して、結婚式を具体的に考えているなら、今の時点で決まっていることを入力します。「細かいことは、まだこれから決める」という段階なら、無理に入力しなくて大丈夫。ざっと記入して、あとはフェア当日に式場スタッフへ相談すれば良いです。

予約完了のメールと、確認の電話連絡がくる

予約が完了すると、マイナビウェディングやゼクシィから「予約完了のメール」が届きます。あとは予約した日時に式場へ向かえば、フェアに参加することができます。

また、予約を終えたその日や次の日に、式場のスタッフから電話連絡があることが多いです。「予約ありがとうございます。当日はよろしくお願いします」のような内容です。簡単に挙式の予定についても聞かれるので、ざっと答えておきましょう。具体的に決まっていないなら、「まだはっきり決まっていないので相談したい」のように伝えておけばOKです。

ブライダルフェアは普段着で大丈夫ですが、あまりラフすぎる格好は浮きやすいです。デニム(ジーンズ)・Tシャツ・パーカー・スニーカーなどは合わないことが多いため、女性はブラウス・スカート・ワンピース・コートなどがオススメ。男性はシャツ・革靴・ジャケット・コートなどを着ると良いです。

予約前にキャンペーンへエントリーすると、よりおトク

ゼクシィやマイナビでブライダルフェアを予約する前に、「キャンペーン」にエントリーしておくと良いです。ギフト券・商品券が当たったりもらえたりするので、よりおトクになります。

ゼクシィ:【抽選】ブライダルフェア予約で3,000~10,000円分の商品券が当たる。
マイナビウェディング:【条件達成でもれなく】ブライダルフェア予約+来場後に正式応募で15,000~35,000円分の商品券がもらえる(挙式を契約するとプラス5,000円)。
ゼクシィはすでに知名度があるので、商品券の額が小さめで抽選です。マイナビウェディングはゼクシィに比べると知名度は劣るものの商品券の額が大きく、フェアへ参加した後に正式応募をすると、商品券をもれなくもらえます。

ゼクシィかマイナビかで、結婚式の内容は変わりません。そのためマイナビウェディングを通してブライダルフェアに参加すると、今はおトクです。

キャンペーンのエントリー方法

キャンペーンのエントリーは、マイナビウェディングやゼクシィのサイトにあるページから行います。マイナビもゼクシィも、氏名・電話番号・メールアドレスのみでエントリーできて簡単です。

エントリーを終えると、登録したアドレスに「エントリー完了」のメールが届きます。あとはブライダルフェアを予約して当日に参加すれば大丈夫です。マイナビの場合、フェアへ行った後に正式応募を忘れずに行ってくださいね。

式場で予約特典をもらえるブライダルフェアもある

上のキャンペーンはゼクシィやマイナビウェディングが行っているものですが、結婚式場が予約特典をプレゼントしてくれることもあります。特典は式場によって異なり、ハンドタオルやハンドソープなどさまざまです。

ブライダルフェアの詳細ページに特典の内容が書かれていることもあるので、チェックしてみると良いです。ただ、「オリジナルグッズプレゼント!」のように、少しぼかして書かれていることは多いですが(笑)何にせよ、「特典」という響きはイイですよね。

ただし念のためですが、「特典だけが目当て」という雰囲気をあからさまに出すのはやめましょう。式場のスタッフに迷惑がられてしまいます。

ブライダルフェアの予約キャンセルは、式場へ直接連絡を

「ブライダルフェアを予約したけれど、参加できなくなってしまった」という場合、予約のキャンセルをすることができます。この場合、ゼクシィやマイナビからのキャンセルよりも、直接式場へ電話で連絡するほうが確実です。

式場スタッフも試食を人数分用意するなど、労力をかけて準備をしてくれています。そのため「どうしても参加できなくなって・・すいません」のように、マナーを守ってキャンセルすると好印象です。

ブライダルフェアを予約して、結婚式の準備を始めよう

ブライダルフェアの予約は、ゼクシィやマイナビウェディングを使えばとても簡単。キャンペーンにエントリーしてブライダルフェアへ申し込めば、ギフト券を受け取れるチャンスがあります。予約後は日程を確認して、忘れないようにしてくださいね。

ブライダルフェアは結婚式を考えるきっかけとして、とても役立ちます。試食会やドレスの試着、エステの体験などさまざまなことができるので、興味の湧いた式場へ足を運んでみてくださいね。

なお、ゼクシィやマイナビウェディングなどは、サイトによってキャンペーンの内容が違います。別ページでどのサイトがおトクなのかをランキングで紹介しているので、合わせて参考にしてくださいね!

>>結婚式場・ブライダルフェア探しはこのサイト!比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です