挙式のみの費用相場はどれくらい?内訳や食事会をする場合も紹介

結婚式の形式はカップルごとにさまざまで、「挙式のみで結婚式をしたい」という場合もありますよね。

管理人もお互い30代での結婚で披露宴はせず、挙式のみにしました。

挙式のみの場合は参加者が少ないので決めることが少なく、費用も抑えられる点がメリット。ただしそれでも比較的大きなお金はかかるので、「いくらくらいかかるのかな?」と気になることもありますよね。

そこでここでは「挙式のみで結婚式を検討する場合の相場や内訳」について紹介します。管理人が実際に提案してもらった見積もりを元に解説しているので、参考にしてくださいね。

挙式のみの費用は、目安として「40~60万円」

披露宴をせずに挙式のみで結婚式を行う場合の費用は、目安として40~60万円です。だいたいこれが平均と考えて良いです。

ドレスや写真などの費用を抑えれば、30万円台で挙式できる可能性はあります。ただ、せっかくの結婚式なので、こだわりたいことも多いと思います。そのため余裕を見るなら、40~60万円くらいです。

管理人も奥さんと両方の家族のみ(合計10人)、挙式のみで結婚式を考えたのですが、ブライダルフェアで見積もりを取ってもらったときには35~40万円ほどでした。より上質な式場はもう少し料金が高くなるため、余裕をもって60万円くらいまでで検討するのがおすすめです。

この金額を高いと感じるか安いと感じるかは、人それぞれだと思います。「挙式費用10万円!」のようなフレーズを見かけることもありますが、これはあくまでも「式代のみ」です。

実際に結婚式を行うには新郎新婦のドレス・タキシード代や写真代など、いわゆる「諸経費」がかかります。そのためさまざまな費用をトータルすると、上記のような金額になるのです。

挙式のみの費用内訳

挙式のみの費用内訳は、次のような内容になっていることが多いです。

挙式費用 15万円
式の司会(人前式の場合) 10万円
式場の花飾り 3万円
フラワーシャワー 1万円
ドレス・タキシード 15万円
メイク 5万円
スタッフのアテンド 2万円
合計 51万円

このように挙式のみといっても、式の料金以外にさまざまな費用が必要です。もちろん式場によって多少の差はあるものの、上のような内容になっていることは多いです。

「教会式」と「人前式」、安いのは教会式

結婚式は一般的に、「教会式(キリスト教式)」と「人前式」があります。

教会式(キリスト教式):神父様の前で神様に向けて結婚を誓う。参加者に背を向けている時間が長め。
人前式:参列者に向けて結婚を誓う。参列者のほうを向いている時間が長め。
どちらかを選ぶことができますが、費用が安いのは教会式です。人前式ではプロの司会者が必要なため、その費用がプラスになります。10万円前後の費用がかかることは多いので、節約するなら教会式も良いと思います。

上の内訳でも人前式の司会費用を含めていますが、教会式の場合はゼロにすることができます。

ドレス代は、5~15万円ほど上乗せになりやすい

上の内訳では、ドレス・タキシードの費用として15万円を加えています。ただ、この金額はあくまでも「最低の費用」。

「気に入ったドレスを着たい」と思う女性は多く、だいたいの場合ドレスの費用は上乗せになります。そのため「見積もりは40万円だったけど、気付いたら50万円や60万円になった・・」ということは多いです。これはもう、必要経費として考えておくほうが良いです。5〜15万円ほどをプラスの予算として見込んでおきましょう。

写真代も、プラス10万円くらいかかる

ドレスやタキシードを着たら、式場でさまざまな写真を残しておきたいと思うことは多いです。写真撮影の費用は別途オプションとしてかかることが多く、10万円ほどが相場です。

写真撮影は「前撮り」と「当日撮影(ロケーションフォト)」に分かれています。

前撮り:挙式日より前の日に、写真を撮影。
当日撮影(ロケーションフォト):挙式当日、式を挙げたあとに写真を撮影。
前撮りと当日撮影の料金は同じくらいで、50カットくらいの費用になっていることが多いです。

式場によっては、複数のチャペルがあります。「どちらのチャペルも気になる!」という場合は、片方で挙式をして、ほかのチャペルなどで写真を撮影するのがオススメです。そのときにはもちろん衣装も着ることができるので、ドレスを長く楽しむこともできます。

「食事会」をプラスすると、80~100万円になる

結婚式は30~45分ほどで終わります。これだけで終わるのは少し短いため、挙式のみの場合は2時間ほどの「家族での食事会」を行うのが一般的です。

食事会は「自分たち2人とお互いの両親・兄弟を含めて、食事をする」というもので、結婚式場でそのまま行うこともあれば、「式場から近いレストランなどで食事をするパターン」もあります。

結婚式場はチャペル(教会)などの「式場」と披露宴を行う「披露宴会場」のほかに、「食事会場」も設けていることが多いです。食事会も挙式と合わせて申し込む場合、トータルで80~100万円くらいの費用になることが多いです。

結婚式場が開催している「ブライダルフェア」へ参加すると、式場のスタッフが見積もりを作ってくれます。管理人は式場のスタッフに「挙式後に食事会をするか、まだ迷ってます」と伝えて、「挙式のみ(食事会なし)」と「挙式+食事会」という2パターンの見積もりを作ってもらっていました。

3つの式場で出してくれた見積りは全て、挙式のみで約40万円、挙式+食事会で約80万円という感じでした。ドレスや写真代などを上乗せする場合、「挙式+食事会の費用は80~100万円が目安」といえます。

管理人は正直、「10人分の食事をプラスするだけで、費用が50万円も上がるの!?」と思いました。ですが食事会は「料理の費用」だけがプラスされるわけではありません。料理代は1万円×10人分=10万円くらいなのですが、食事会場の貸切費用などがかかります。そのため意外と高くなるのですね。

食事会と聞くと「軽いイベント」に思えますが、金額は軽くありません(汗)心の準備をしておきましょう!

ちなみに式場とは別にレストランで食事会をする場合は、「1人1万円×人数分」の費用を見ておけばOK。これで十分に、美味しい料理を楽しんでもらえるはずです。利用するお店を2人で検討して、早めに予約しておくことをオススメします。

ちょっとした軽食が、挙式のみプランに含まれている場合もある

式場によっては挙式のみのプランでも、挙式後に1時間ほどの「アフターパーティ」を設けていることがあります。

挙式のみだと、新婦がドレスを40~50分ほどしか着ることができません。

ドレスは女性にとって憧れの衣装なので、「なるべく長く着たい!」と思うのは当然ですよね。アフターパーティがある式場なら、挙式の時間にプラスして1時間ほどはドレスを着て軽食をすることができます。ただしアフターパーティはあくまでも「軽食」なので、「コーヒーとスイーツで軽く談笑」という感じです。

つまり挙式のみで結婚式をする場合、次のようなパターンがあります。

  • 完全に挙式のみ(食事会も軽食もなし)。
  • 挙式+食事会
  • 挙式+式場のプランに含まれるアフターパーティ(軽食)
  • 挙式+別のお店で食事会
どのパターンも良いのですが、それぞれに特徴があります。
完全に挙式のみ:費用が最安。費用相場40~60万。
挙式+食事会:ドレスを着る時間が長く、挙式1時間+食事2時間ほど。食事も豪華。費用相場80~100万。
挙式+アフターパーティ:ドレスを着る時間が長く、挙式1時間+軽食1時間ほど。食事会より安い。費用相場40~60万。
挙式+別のお店で食事会:ドレスを長く着ることはできないが、食事会の費用を抑えられる。費用相場50~70万(挙式と食事の合計)。
どのパターンを選ぶかは、「予算」と「ドレスを長く着たいかどうか」を基準にすると良いです。もちろん費用をかければドレスも食事も満足のいくものにできますが、2人で相談してほしいと思います。

また、ドレスを長く着たい場合、上でも紹介した「前撮り」や「当日の写真撮影」を検討するのも良いです。この場合はドレスを着て写真をたくさん残すことができ、「食事会は別にしなくていいや」という場合に向いています。

フェアのスタッフには、予算をどう伝える?

ブライダルフェアに行くと、式場のスタッフに「予算はどれくらいでお考えですか?」と聞かれることがあります。答え方としては、「予算よりも、少し低めに伝えておく」のがオススメです。

例えば予算が50万円なら、「挙式のみなので、30~40万円くらいのイメージなんですが・・」のように伝えます。

式場のスタッフは、もちろん2人の結婚を祝ってくれます。ただ、やはり仕事で対応してくれている面もあるため、予算を正直に伝えると、その金額を基準として考えられます。

式場のスタッフは「予算よりも少しプラスした金額まで提案して、なるべく上限ギリギリを狙おう」と考えていることが多いです。そのため予算が50万なら60~70万円を、30~40万円なら50~60万円まで提案してきます。自分の予算に近づけるなら、少し低めの額でスタッフに伝えておきましょう。

費用を抑えつつ、理想の結婚式を!

挙式のみの費用相場は40~60万円ほど。式場で食事会を合わせて行う場合は、80~100万円ほどが相場です。食事会は費用がかなりプラスされるため、アフターパーティのある式場を選んだり、レストランでの食事会を検討すると安く抑えることができます。

結婚式は本当にさまざまなパターンがあるため、上で紹介したオプションなども検討しながら、2人にとってベストな式を考えてくださいね。また、各式場で開催しているブライダルフェアは見積もりを提案してもらえて参考になり、何より楽しいです(笑)挙式を考えるときには、ぜひ足を運んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です