ブライダルフェアの体験談!実際どうなの?営業はしつこいの?

これからブライダルフェアに行くときには、「実際どうなの?」と気になることもありますよね。

管理人は合計4つのブライダルフェアに行きましたが、どれもとても楽しい時間を過ごすことができました。

ここでは参加したフェアのひとつを、体験談として紹介します。参考にしてみてくださいね!

ブライダルフェアを予約

まずはゼクシィで、ブライダルフェアを予約しました。予約をするとメールアドレスに「ブライダルフェアの案内メール」が届きます。このメールで、日時と場所を確認しておきました。

また、メールと合わせて予約した式場のスタッフからも、電話で連絡がきました。

電話の内容は「ブライダルフェアの申込み、ありがとうございました」というお礼と、どのような結婚式を挙げたいと考えているかの確認がメインでした。

この式場も含めて、スタッフの連絡はとてもていねい。「ブライダルフェアへ申し込むと、スタッフの営業トークがしつこい」という口コミもありますが、管理人の住んでいる名古屋ではしつこい営業はまったくナシです。東京や大阪のような大都市だと、場合によっては強引なこともあるのかもしれません。

スタッフからは「いつごろ挙式予定なんですか?」「何人くらいで挙式を考えられていますか?」「披露宴は行いますか?」「どんな式場をご希望なんですか?」など、いろいろ聞かれました。トータルで10分くらいで話を終えて、「ブライダルフェア当日はよろしくお願いします」と言って電話を切りました。

ちなみに挙式がかなり先だったり未定だったりする場合でも、ブライダルフェアに参加することはできます。この場合はブライダルフェアへ申し込むときの「挙式予定時期」を「未定」にしておけばOKです。そして式場スタッフには「挙式の予定はまだないのですが、1度フェアに参加してみたくて」と伝えれば大丈夫です。マナーは守ることをオススメします。

式場へ足を運び、ブライダルフェアへ参加

予約した日になったら、ブライダルフェアへ参加しに行きました。このフェアには、夕方から参加しました。

服装は少しきれいめな感じで、一応革靴を履いていきました。管理人は入籍を終えてからブライダルフェアへ行きましたが、奥さんの服装はシンプルな感じのカットソーにスカート、フラットシューズ、トレンチコートでした。どこの式場も、清潔感のある大人っぽい服装なら浮かないと思います。

ブライダルフェア当日は、かなりていねいに対応してもらえることが多いです。この式場でも、入り口前にスタッフが自分たちのために待ってくれていて、「お待ちしておりました」と案内してくれました。なんだか高級ホテルへ泊まりにきたような感じです(笑)

待合室のような場所に案内されてフリードリンクの注文を聞かれたので、紅茶とコーヒーを頼みました。紅茶はかなりこだわった感じで、フルーツが入っていました。奥さんが注文しましたが、「すご~い、おいしい!」と言っていました。

ドリンクを飲みながら、アンケートを記入

ドリンクを飲みながら、管理人は式場のアンケートを書きました。

アンケートは氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどの情報に加えて、「どのような結婚式を考えているか」について質問が並んでいました。

電話でも聞かれたような「式場はどのような雰囲気が良いか?(チャペルや和装での挙式など)」「挙式・披露宴の人数」「どのようなイメージの結婚式・披露宴にしたいか」などを記入しました。式場によってはけっこう細かく項目が並んでいて、記入に10分くらいかかることもあります。

また、管理人がアンケートを書いている間、奥さんには「ドレスのカタログ」が渡されました。いろんなドレスの写真が掲載されているので、これを見ながらどれが良さそうを考えます。式場によってはこれもアンケートとして、「どのドレス写真が良かったか」を聞かれることもありました。

アンケートを書き終える頃になると式場のスタッフが戻ってきて、「今日はブライダルフェアへお越しいただき、ありがとうございます」と挨拶をしてくれます。そして記入したアンケートを元に、結婚式について確認や質問をしてくれます。

管理人は完全に「近いうちに挙式予定」として話を聞きましたが、挙式が未定なら、確認や質問はさっくりした感じになるはずです。

式場を案内してもらう

こうして話を終えたら、式場を見せてもらいました。チャペルや男性用、女性用の待合室、披露宴会場、食事会場など、全体的に特徴やメリットなどを教えてもらいながら案内してもらいました。この式場の雰囲気はかなり良く、2人で感動していました。

ブライダルフェアで案内してくれるスタッフは基本的に1人ですが、チャペルの入り口でほかのスタッフが立っていてくれたり、式場によってはチャペルへ入ったときにスタッフが待っていて、歌を歌ってくれることもありました。。かなりサプライズな演出です。

ブライダルフェアは無料で参加できますが、式場ごとにかなり本気でおもてなしをしてくれます。場合によっては「これ、本当に無料なの?」と思うような演出をしてくれて、感動することも多いです。式場はひとつしか選べないのが心苦しいです(汗)

ちなみにブライダルフェアで回っている間、写真は撮影してOKな場合が多いです。ただし念のため、スタッフに「写真を撮って大丈夫ですか?」とひとこと伝えてから撮影することをオススメします。

また、ドレスの試着室も見学させてもらいました。奥さんはかなり感動していて、「これはテンション上がる・・!」と言っていました。管理人たちはドレスを眺めるだけで終えましたが、フェアによっては試着することもできます。「ドレス試着あり」のブライダルフェアをチェックしてみてくださいね。

披露宴メニューの試食で感動

こうしてひと通り式場を見て回ったあとは、披露宴メニューの試食をさせていただきました。披露宴会場のテーブルに案内してもらい、そこで食事をとりました。

試食といってもスーパーのおばちゃんが手渡してくれるウィンナーのような量ではなく、しっかりとした量とクオリティです。このブライダルフェアもかなりすごい内容で、「これが無料で良いのか・・」と衝撃を受けました。

  • 食前の炭酸ジュース。
  • サーモンを使った料理。
  • 和牛ステーキ。
  • デザート。
4品とも試食のレベルを超えていて、完全に普通にお腹を満たせる量でした。。ほかの式場もけっこうしっかり食べることができたので、ブライダルフェアの試食は楽しみにして良いと思います。ただし、あからさまに試食だけを目当てに行くのはマナー的にNG。気をつけてくださいね。

試食は気軽に楽しむことができますが、この式場では「基本的なテーブルマナーを身につけておくと良いな」と思いました。「椅子の座り方・立ち方」や「食べた後のナイフ・フォークの置き方」など、管理人はけっこう間違えました(汗)別ページに身につけておくと良いマナーをまとめたので、合わせて参考にしてください。

もちろんブライダルフェアは「挙式を申し込んでもらうこと」が目的なので、それほどマナーをしっかり守る必要はないです。ただ、ある程度は身につけておくと、よりスマートだと思います。

試食を終えたあとには休憩を兼ねて「イメージムービー」を視聴しました。その式場で挙式したカップルを撮影した映像で、式の準備から挙式当日までがドキュメンタリーのようになっています。

このムービー、だいたいどの式場でも5分くらい見せてもらうのですが、泣けます・・。

新婦さんがお母さんやお父さんに挨拶して式へ向かうシーンとか、披露宴で2人が手紙を読むシーンとか、おばあちゃんが喜んで泣いてるシーンとか、グッときちゃいます。管理人は何とかこらえていましたが、奥さんは毎回泣いてました(笑)何度かフェアに行くと「今回も似たパターンかな」と思うのですが、やっぱり泣けます。。

見積もりの提案は、それほどしつこくない

こうして式場をひと通り見て待合室に戻ってきたら、スタッフが見積もりの提案をしてくれました。アンケートを書いたときに話した内容などから、スタッフが具体的なプランを作成してくれます。

管理人は挙式のみ(披露宴なし)で考えていたのですが、見積もりの金額は35万円ほどでした。これに「両親・親族との食事会」をつけると80万円ほど。正直、料金はかなり上がるなと思いました。食事会は料理の代金だけでなく「食事会場の貸切費用」もかかるので、仕方ない面はありますね。

ちなみに上の金額は「当日成約特典」で、両方とも安くなっています。ブライダルフェアに参加した日を超えて申し込む場合、挙式のみなら50万円ほど、食事会をつけるなら100万円ほどでした。つまり15~20万円くらい安くなるため、当日成約特典はかなり大きいです。

もし1番気になる式場を最初に見てしまうと、「ほかの式場も見学したいけど、当日契約しないと費用が安くならない」ということになってしまいます。先に第2候補や第3候補を見てから第1候補の式場を見ると、比較した上で安く挙式を申し込むことができます。

そのためブライダルフェアは「第3希望 → 第2希望 → 第1希望」のように、気になる式場を後に見るのがオススメです。

また、もし当日成約特典の割引を逃して契約する場合でも、相談すればある程度割引してもらえる可能性はあります。式場のスタッフに、何とかならないか相談してみましょう。

ちなみにこの式場のスタッフさんはとてもていねいに案内や説明をしてくれて、見積もりの提案も強引な感じはあまり受けませんでした。「当日しか割引はできないので・・すいません」という話はしていましたが、無理に提案されることはなかったです。

ほかの式場も「契約するまで帰さない」というような営業をされることはありませんでした。また、後日しつこい営業電話やメールがくることもなかったです。最近はネットの口コミですぐに悪評が広まってしまうため、式場スタッフもあまり強引に営業しないのだと思います。ブライダルフェアの営業トークが不安な場合には、参考にしてくださいね。

ブライダルフェアを回っての感想は「楽しい」

管理人はブライダルフェアを4つ行きましたが、どれも「楽しい」という思い出が強いです。どの式場も親身になって案内や提案をしてくれて、試食ができたり、お菓子やチャペルでの写真をプレゼントでもらえたりすることもありました。

上の式場は17時から出かけて21時までいたので4時間かかったのですが、「長くて大変」という感じではなかったです。「いろいろ見学や体験、相談をさせてもらい、気づいたらこの時間になっていた」という感じなので、単純に面白くて楽しかったです。

ブライダルフェアは結婚式場を決めるために行くものですが、デートとしても楽しめるので、ぜひ行ってみてください。感動しますよ!

ブライダルフェアを満喫しよう

管理人のブライダルフェア体験談は以上です。ブライダルフェアは、いろんな非日常の体験をすることができます。綺麗な式場やドレス、美味しい試食、サプライズ的な特典のプレゼントなど、楽しい・嬉しい・感動することがたくさんあるので、興味が湧いたら気軽に行ってみてくださいね。

なお、ブライダルフェアへ行くならゼクシィや楽天ウェディングなど、「結婚式場・ブライダルフェア探しのサイト」を使うのがオススメ。

サイトによってキャンペーンが違うため、なるべくおトクになるサイトを使うほうが良いです。別ページでオススメのサイトをランキングで紹介しているので、合わせて参考にしてくださいね!

>>結婚式場・ブライダルフェア探しはこのサイト!比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です