ブライダルフェアは直接予約とゼクシィやマイナビで予約どっちがいい?

ブライダルフェアは「式場の公式サイトから直接予約する方法」と「ゼクシィやマイナビウェディングを通して予約する方法」があります。

どちらでも予約でき、フェアの内容は変わりませんが、後者のほうが特典を受け取れるのでおトクです。そのため基本は、ゼクシィやマイナビウェディングを使うのがオススメです。

ここでは「ブライダルフェアを直接予約する場合」と「式場検索サイトから予約する場合」を比較して紹介します。せっかくなら、なるべく得するようにフェアへ参加すると良いですよ。

ブライダルフェアは、2つの方法で予約できる

ブライダルフェアは、2つの方法で予約することができます。

  • ネット版ゼクシィ・マイナビウェディングを通して予約。
  • 式場の公式サイトからブライダルフェアを直接予約。
それぞれの方法を、詳しく見ていきましょう。

ネット版ゼクシィ・マイナビウェディングを通して予約

ゼクシィは雑誌だけでなく、webサイトもあります。ネット版のゼクシィやマイナビウェディングはさまざまな結婚式場やブライダルフェアを検索でき、簡単に応募することができます。

式場ごとに自分の住所や連絡先を入力しなくても、ゼクシィやマイナビに登録した情報を使ってフェアに申し込めるので、「複数のフェアに行って、式場を比較したい」という場合に便利です。管理人も使っていました。

ブライダルフェアは平均3回ほど行くカップルが多いです。まだ挙式する式場がハッキリと固まっていない場合は、ゼクシィやマイナビウェディングがオススメです。

また、ゼクシィやマイナビウェディングを使うとギフト券や電子マネーなどの特典がもらえるため、おトクです!結婚式はお金がかかるので、こうした特典をなるべく活用すると節約できます。

式場の公式サイトからブライダルフェアを直接予約

ブライダルフェアへ参加するもうひとつの方法として、結婚式場の公式サイトから直接予約する方法もあります。

「憧れだったこの結婚式場で挙式したい!」のように、ほかの式場と比較する必要がないこともあると思います。この場合は式場の公式サイトに載っているブライダルフェアの情報を見て、直接予約をしましょう。式場の電話番号にかけて「ブライダルフェアを予約したいんですけど」と伝えればOKです。

ネット版ゼクシィやマイナビウェディングから予約するほうが、確実におトク

上の2つの予約方法を比べると、得をするのは圧倒的に「ネット版ゼクシィやマイナビウェディングを使う場合」です。上でも少しお伝えしましたが、こうしたサイトを経由してブライダルフェアに申し込むと特典をもらうことができます。これが意外と大きな額なので、使うほうが確実におトクです。

ゼクシィとマイナビウェディングそれぞれの特典を紹介します。

ネット版ゼクシィは先着で最大10,000円分のJCBギフト券がもらえる

まずはゼクシィから。ネット版ゼクシィはエントリーをした上でブライダルフェアを予約・参加すると、先着順で最大10,000円分のJCBギフト券がもらえます。ブライダルフェア1つ参加で3,000円分、2つで6,000円分、3つで10,000円分と、フェアの参加数によって金額が変わります。

ゼクシィの場合は「先着4,000名まで」なので、必ずギフト券がもらえるとは限りません。ただ、4,000名というとかなりの人数なので、ギフト券がもらえる可能性はかなりあると思います。

前もって必要なエントリーは氏名・住所・メールアドレスのみの登録で簡単。次の条件を満たす必要があるので、チェックしておきましょう。

  • 必ずエントリーをしてから、ブライダルフェアの予約をする。
  • 挙式予定のカップルが対象。
  • 電話での予約やゼクシィ相談カウンターからの予約は対象外。ゼクシィのwebサイトからフェアを予約する。
  • 予約したブライダルフェアは参加するほうが、ギフト券を受け取れる可能性が高い。

>>「ゼクシィ」の公式サイトでブライダルフェアをチェック!

マイナビウェディングは15,000~35,000円分の電子マネーがもらえる

次にマイナビウェディングの特典です。こちらは「amazonギフト券」「楽天EDy(エディ)」「nanaco(ナナコ)ポイント」「Google Play」などの電子マネーを、15,000~35,000円分もらうことができます。こちらは条件さえ満たせば、必ずもらえるので良いですよ。

1件の予約:15,000円分の電子マネー。
2件の予約:25,000円分の電子マネー。
3件以上の予約:30,000円分の電子マネー。
さらに結婚式の成約で、+5,000円分の電子マネー。
上のように、マイナビウェディングのほうがゼクシィよりも金額が高いです。マイナビウェディングとゼクシィは、掲載している結婚式場が違います。そのため特典でなるべく損しないようにするなら、「まずはマイナビウェディングでフェアを検索・予約して、その後にゼクシィ」という流れがオススメです。

マイナビウェディングもゼクシィと同じく、エントリーが必要です。氏名・電話番号・メールアドレスを入力すれば登録できます。注意点も確認しておきましょう。

  • 特典キャンペーン対象の式場と、そうでない式場がある。向かう式場のフェアがキャンペーン対象なのか確認が必要。
  • 電話での予約は対象外。マイナビウェディングのwebサイトからフェアを予約する。
  • 挙式予定のカップルが対象。
  • フェアへ参加したあとに、「正式応募」が必要。マイナビウェディングから送られてくるメールに正式応募のURLがある。このとき式場の「見積書」もしくは「契約書(契約したときのみ)」が必要。
マイナビウェディングはゼクシィに比べると、少し条件が厳しめです。ただしその分だけメリットは大きいので、ひと手間かけて応募するのもアリですよ。

>>「マイナビウェディング」の公式サイトでブライダルフェアをチェック!

ネット版ゼクシィやマイナビウェディングを通しても、挙式費用は変わらない

人によっては「式場へ直接予約するほうが、挙式費用が安くなったりしないの?」と思うかもしれません。ただ、直接予約でも、ゼクシィやマイナビウェディングを使って予約するのも、挙式費用は変わりません。そのため、ゼクシィなどを通すほうが特典をもらえる分おトクです。

管理人がブライダルフェアへ参加したとき、式場スタッフは「マイナビウェディングさんからの予約ですね」と確認してくれました。管理人は「マイナビさんを通すと、費用が変わったりするんですか?」と聞いてみましたが、スタッフの方は「それはないですよ!どの媒体からのお申込みかを集計しているので確認させていただいただけです」と話していました。

ブライダルフェアへ参加して、理想の結婚式場を見つけよう

ブライダルフェアは式場の公式サイトから直接予約する方法と、ゼクシィやマイナビウェディングを使って予約する方法があります。後者のほうがギフト券などをもらえる分おトクなので、使うことをオススメします。キャンペーンへのエントリーや手続きなどのひと手間はかかるものの、10,000円や25,000円などのギフト券・電子マネーは大きいです!

また、ブライダルフェアはとても楽しいです。式場を見るだけでもテンションが上がり、試食やドレスなど、見どころがたくさんあります。ぜひ楽しみながら、理想の式場を探してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です