ブライダルフェアは当日に契約するとおトク!本命の式場で即決するには?

結婚式場は、ブライダルフェアへ参加した当日に挙式の契約をするのが1番おトクです。

それぞれの式場はブライダルフェアへ参加したカップルに「当日成約割引」という特典を用意しています。これを適用することで、挙式費用が15~20万円くらい割引になります。かなり大きいですよね。

ただ、参加したいブライダルフェアが複数ある場合、それぞれの式場で当日成約割引を提案されることになります。当然ですが挙式する結婚式場はひとつだけなので、かなり迷うことになるカップルは多いです。

そこでここでは「当日成約特典の割引を適用しつつ、希望の式場に決める方法」を紹介します。結論からお伝えすると、「第1候補の式場は最後に行く」のがオススメです。理想の結婚式を挙げるために、ぜひ参考にしてくださいね。

ブライダルフェアは即決すると「当日成約割引」があり、おトク

挙式を考えている場合にブライダルフェアへ行くと、見積もりを出してもらうことができます。

多くの場合、見積もりには「当日成約特典」という割引が入っていて、フェアへ参加した当日に挙式の契約をすると安くなります。フェア当日以降に契約するとこの割引はなくなるため、高くなってしまいます。

当日成約特典はかなり大きく、15万円や20万円が割引になることはよくあります。管理人は挙式のみで検討していたのですが、もともと50万円くらいの見積もりが当日成約で35万円ほどになっていました。かなり大きいと思います。

カップルは「複数の式場を比較して検討したい」と考えることが多いです。一方ブライダルフェアを開催する式場は、「ほかの式場に目移りしないよう、その場で契約を決めてほしい」と考えています。要するに結婚式場は当日成約特典をつけることで、カップルの契約を後押ししているのです。

人によっては「10万円や20万円の割引をして、式場は大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、結婚式は100万円や200万円の費用がかかることはよくあります。そのためある程度大きな割引をしても、問題なく利益が出るのです。20万円の割引を軽く提案されると、ちょっとビックリしちゃいますよね。

希望の式場でなるべく安く挙式するためのポイント

当日成約特典の割引は、あくまでも「当日のみ」です。フェアに参加した日を超えると、その割引を適用してもらえる保証はありません。そのため希望の式場で安く契約するには、次の3点に気をつけることが大切。

  • 第1候補のブライダルフェアは「最後」に行く!
  • 「もう少しだけ、安くなりませんか?」と聞いてみる。
  • 第2や第3候補の式場が一番良かったなら、見積もりを元に相談する
それぞれを、詳しく解説します。

第1候補のブライダルフェアは「最後」に行く!

ブライダルフェアは雑誌のゼクシィを眺めて候補を絞り、そこから実際に参加するのがオススメです。

ある程度「この3つのうち、どこかで挙式しよう」のように決めたなら、本命の式場は「最後」に行くことをオススメします。

第1候補のブライダルフェアへ最初に行くと、その式場しか見れません。

「この式場で良いけど、ほかも見てみたい気はする。でも当日成約の割引がなくなるから、ここに決めないと損する・・」

こういう気持ちになりやすいです。

上で紹介したように、当日成約特典は10万円や20万円と高額。大きく損をしてしまう可能性があるので、第1候補の式場だけを見て式場を決めることになるのです。

第1候補だから良いとはいえ、「複数の式場を見学してから決めたい」ということも多いと思います。そのため第1候補の式場は、最後に見るのがオススメです。

第2や第3候補のブライダルフェアから参加すれば、当日割引を提案されても、落ち着いて検討できます。「いま契約しないと当日成約特典がなくなるけど、第1候補の本命に期待しよう」と考えやすくなるわけです。また、第2候補・第3候補が意外なほど良ければ、その場で契約を決めてしまうのもアリだと思います。

また、第1候補の式場へ最後に行くと、ブライダルフェアにある程度慣れた状態で見学することができます。つまり「結婚式場を見る目」が養われているため、しっかりと納得した上で契約を決めやすくなります。

「もう少しだけ、安くなりませんか?」と聞いてみる

希望の式場で挙式費用を安く抑えるためには、当日成約特典の入った見積もりから「もう少し安くなりませんか?」のように聞いてみると良いです。するとスタッフが「・・分かりました!上司に相談しましたので、あと2万円引かせていただきます!」のように、最大限頑張ってくれます(笑)

ただしこのように聞いても割引してもらえないこともあり、あまりしつこく聞きすぎるとスタッフが嫌がってしまいます。そのためあくまでも「もう少しだけ何とか・・」と、軽く相談してみましょう(笑)

挙式費用は10万円や100万円単位のお金がかかるため、1万や2万という金額を軽く考えてしまいがちです。ですが数万円が浮けば、高級ホテルのランチを楽しめたり、服や家電などが買えたりしてしまいます。金銭感覚を麻痺させないように気をつけましょう!

第2や第3候補の式場が一番良かったなら、見積もりを元に相談する

上で「第1候補のブライダルフェアは、最後に見に行くべき」と説明しました。

ただ、例えば第1候補のフェアへ行った結果、最終的に第2候補が気に入ったら??

この場合は第2候補の式場へ、「フェア当日の割引を、何とか適用してくれませんか?」と相談しましょう。場合によってはスタッフがブライダルフェアの当日成約特典を、特別に加えてくれることがあります。

「ほかの式場も見学して比較したのですが、こちら(第2候補の式場)が1番良かったです。ただ、先日の当日割引がないと予算オーバーになってしまうので、何とかならないかと思って・・」
式場スタッフにとって一番嫌なのは、契約を逃してしまうこと。割引しないと契約が取れなさそうなら、スタッフは当日成約特典を適用してくれる可能性が高いです。ここはスタッフとの駆け引きになりますが、複数の式場を比較して検討したい場合は多少仕方ない面があります。

ブライダルフェアは「行く順番」が大切!

ブライダルフェアは「行く順番」に気をつけましょう。本命の式場は、最後に行くのがオススメです。するとほかのフェアを回った上で希望の式場に決めることができ、当日成約割引も適用してもらえます。複数のフェアを回って第2候補や第3候補の式場が良かった場合には、スタッフに当日成約特典を適用してもらえないか相談しましょう。

結婚式場は「契約を取るため」にブライダルフェアを開催しているので、こうした駆け引きはある程度仕方ないです。おトクに納得のいく式場で挙式できるよう、前もって候補のブライダルフェアを絞り込み、行く順番も2人で相談してくださいね!

なお、ブライダルフェアへ行くならゼクシィや楽天ウェディングなど、「結婚式場・ブライダルフェア探しのサイト」を使うのがオススメ。

サイトによってキャンペーンが違うため、なるべくおトクになるサイトを使うほうが良いです。別ページでオススメのサイトをランキングで紹介しているので、合わせて参考にしてくださいね!

>>結婚式場・ブライダルフェア探しはこのサイト!比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です