結婚式場・ブライダルフェア探しはこのサイト!比較ランキング

結婚式場やブライダルフェアはゼクシィやマイナビウェディングなど、「式場・フェア探しのサイト」で検索できます。

こうしたサイトはキャンペーンを開催していて、ブライダルフェアを予約・参加することで、ギフト券や電子マネーをもらうことができます!

ただ、式場やフェア探しのサイトはたくさんあり、どれがおトクなのか分かりにくいです。

そこでここでは、結婚式場・ブライダルフェア探しサイトをリサーチして、ランキングにしてみました!

これから式場探しやブライダルフェアに行く場合には、ぜひ参考にしてくださいね。

結婚式場・ブライダルフェア探しに使うべきサイトランキング!

まずは「オススメのサイトまとめ」と「ランキング」を紹介します!

順位づけの理由は下で紹介しているので、参考にしてほしいと思います。

ゼクシィ  マイナビ
ウェディング
ハナユメ
掲載数
2458件

3081件

602件
特典 
最大10,000円

最大60,000円

最大30,000円
申込みやすさ  ◯
総合  5点 8点 5点

(合計は◎:3点、◯:2点、△:1点、で計算)

1位:マイナビウェディング

キャンペーン内容 ブライダルフェア・式場見学1件で15,000円分。
ブライダルフェア・式場見学2件で25,000円分。
ブライダルフェア・式場見学3件で30,000円分。
挙式の契約で+30,000円。
期間 エントリー:2019年4月11日(木)〜2019年6月25日(火)
申込書の控え提出期間 :2019年4月11日(木)〜2019年7月25日(木)
応募方法 1.キャンペーンにエントリー。
2.ブライダルフェア・式場見学に参加。
3.正式応募(見積書・成約書が必要)。

まずオススメなのが「マイナビウェディング」!マイナビウェディングは1件のフェアに行くだけで15,000円分の電子マネー(Amazonギフト券や楽天EDyなど)がもらえるのでおトクです。

ただしマイナビウェディングは「キャンペーン対象のフェアでないと、カウントにならない点」と「キャンペーンの応募に見積書や成約書が必要な点」がデメリット。つまり応募のハードルが高めなので、少し手間がかかるのが難点。ただ、受け取れる金額は大きいので、少し手続きに時間をかけても十分おトクですね。

>>「マイナビウェディング」でブライダルフェア・結婚式場をチェック!

2位:ハナユメ

キャンペーン内容 ブライダルフェア1会場のアンケート回答で15,000円分。
ブライダルフェア2会場のアンケート回答で25,000円分。
ブライダルフェア3会場のアンケート回答で28,000円分。
ハナユメウエディングデスク来店で+2,000円分。
期間 エントリー・フェア予約:2018年5月21日(月)まで
フェア参加:2018年5月31日(木)まで
アンケート回答:2018年6月30日(土)まで
応募方法 1.キャンペーンにエントリー。
2.ブライダルフェア・式場見学を予約・参加。
3.アンケートに回答

次にオススメなのは「hanayume(ハナユメ)」。マイナビウェディングと同じく、かなりおトクなサイトです。1件のフェア参加だけでも15,000円分のギフト券をもらうことができ、キャンペーン応募のハードルも低めです。

ハナユメは検索できる式場の数は少なめですが、目当てのフェアさえ見つかればオススメです。

>>「hanayume(ハナユメ)」でぶブライダルフェア・結婚式場をチェック!

 

3位:ゼクシィ

キャンペーン内容 ブライダルフェア・式場見学の予約1件で3,000円分。
ブライダルフェア・式場見学の予約2件で6,000円分。
ブライダルフェア・式場見学の予約3件で10,000円分。
期間 2018年3月23日(金)~ 2018年7月18日(水)
応募方法 1.キャンペーンにエントリー。
2.ブライダルフェア・式場見学を予約。

ほとんどの人が知っていると思われるゼクシィは、「さまざまな式場・ブライダルフェアを探しやすい」ことがメリット!

ただし知名度がすでに高い分、ゼクシィはキャンペーンのメリットが小さめです。最大でも10,000円分のギフト券が「先着」でもらえます。つまり、受け取れないこともあります・・。

ゼクシィは「ほかのサイトで目当ての式場・ブライダルフェアがないときに使うサイト」と考えると良いです。

>>「ゼクシィ」でぶブライダルフェア・結婚式場をチェック!

オススメはマイナビウェディングとハナユメの併用!

多くのカップルは挙式する結婚式場を決めるまでに、3~4つのブライダルフェアに行くことが多いです。上のランキングを踏まえて一番おトクにするなら、マイナビウェディングとハナユメの併用がオススメです。

【マイナビウェディングでフェアを2つ見学・挙式契約+ハナユメでフェアを2つ見学】の場合

マイナビウェディング:フェア2つ参加+挙式契約で55,000円分のギフト券
ハナユメ:フェア参加 25,000円分の電子マネー
合計:80,000円分(ギフト券・電子マネー)

結婚式場・ブライダルフェア予約サイトのランクづけ、基準を紹介!

結婚式場やブライダルフェアを探すなら次の4サイトのうち、どれかを使うのが一般的です。

  • ゼクシィ
  • マイナビウェディング
  • ハナユメ
  • 楽天ウェディング
どのサイトも結婚式場やブライダルフェアを「地域」「日程」「キーワード」などで絞り込み検索することができ、希望の式場を探すのに便利です。

また、それだけでなく4サイトのうちどれかを経由してブライダルフェアを予約すると、ギフト券や電子マネーなどの特典をもらうことができます!これがおトクなので、4つのサイトどれかを利用する人は多いのです。

結婚式はお金がかかるので、できればおトクになるほうが良いですよね。ゼクシィ・マイナビウェディング・ハナユメ・楽天ウェディングを通して式場を決めることで、かなりトクをすることができます。

それぞれのサービスを、簡単に紹介しておきます。

【ゼクシィ】
大手企業のリクルートが運営するサイト。雑誌のゼクシィは結婚を考える人に人気で、webサイトは雑誌と連動しています。ネット版ゼクシィは知名度が高く、利用者も4つのサイト中では一番多い気がします。

【マイナビウェディング】
こちらも大手企業のマイナビが運営するサイト。マイナビはリクルートと似たサービスを展開していて、「リクナビとマイナビ」のように「ゼクシィとマイナビウェディング」という関係になっています。

【ハナユメ(hanayume)】
ハナユメはもともと「すぐ婚navi」という名称のサイトでしたが、ハナユメとしてリニューアルして、結婚に関する総合webサイトとして運営されています。ハナユメはエイチームという、名古屋の企業が運営しています。

【楽天ウェディング】
楽天が運営する結婚式場・ブライダルフェア検索サイト。ただし2018年4月からは株式会社オーネットのサービスになるので、サイト名も変わる可能性があります。

どのサイトを使うかを決める、2つのポイント

正直なところ、4つのサービスはどれも「結婚式場やブライダルフェアを探せるサイト」で、基本的には同じです。

結婚式の内容・サービスはあくまでも結婚式場で決まり、4つのサイトどれを使ってブライダルフェアに行ったり契約をしたりしても変わりません。

では何が違うのかというと、

  • 掲載している「結婚式場の数」。
  • 開催している「キャンペーン」の内容。
この2つが違います。

サイトごとに、掲載している式場の数が違う

上の4サイトは、掲載している式場の数に差があります。どのくらいの数の式場を掲載しているのか、それぞれのサイトをチェックしてみました。

サイト 式場数
ゼクシィ 2,458件
マイナビウェディング 1,303件
ハナユメ 602件
楽天ウェディング 2,009件

こうして見ると、サイトごとに検索できる結婚式場の数はかなり違いますね。

ゼクシィはやっぱり圧倒的。「ブライダル業界のクイーン」ですね。楽天ウェディングも楽天がIT企業だからなのか、掲載数はかなり多かったです。

つまり「ゼクシィや楽天ウェディングなら、希望の結婚式場を検索しやすい」といえます。

キャンペーンの特典がおトクかどうか

それぞれのサイトでもうひとつ違うのが、「キャンペーンの特典」です。

4つのサイトはいずれもブライダルフェアを予約することで、「ギフト券」や「電子マネー(ポイント)」をもらうことができます。

それぞれのサイトで、「何をいくらもらえるのか」が違います。また、受け取りの条件もあるため、順番に見ていきましょう。

ちなみにキャンペーンは「これから挙式予定のカップル」が対象。結婚の予定がなかったり冷やかしで申し込んだりしても、ギフト券などはもらえないので気をつけてくださいね、

ゼクシィは最大10,000円分のJCBギフト券


【キャンペーン期間】
2018年3月29日(木)10:00 ~ 2018年4月26日(木)9:59
ゼクシィでもらえるのは「JCBギフト券」です。参加するブライダルフェアや式場見学の数によって、金額が変わります。
  • ブライダルフェア・式場見学の予約1件で3,000円分。
  • ブライダルフェア・式場見学の予約2件で6,000円分。
  • ブライダルフェア・式場見学の予約3件で10,000円分。
キャンペーンの応募方法は次の2ステップでカンタンです♪
  1. 氏名・メールアドレス・住所を入力してエントリー。
  2. ブライダルフェアや式場見学を探して予約。
上のキャンペーン期間中に予約さえ終えれば、実際に式場へ行くのがキャンペーン期間後でも大丈夫です。

ただ、予約だけしてキャンセルを繰り返すと不正な申し込みと考えられて、当選しません。予約した式場のフェアなどは、きちんと足を運んでくださいね。

ギフト券は「先着4,000名」となっているので、受け取れる可能性は高いです。ただ、もし外れてしまった場合は、仕方ないと思っておきましょう。

マイナビウェディングは電子マネーが最大35,000円!


【キャンペーン期間】
2018年3月23日(金)~ 2018年7月18日(水)
次にマイナビウェディングは、最大35,000円の電子マネーがもらえます。
  • ブライダルフェア・式場見学1件で15,000円分。
  • ブライダルフェア・式場見学2件で25,000円分。
  • ブライダルフェア・式場見学3件で30,000円分。
  • 挙式の契約で+5,000円。
ゼクシィに比べると、マイナビウェディングは1件でも15,000円分の電子マネーがもらえるのでおトクです。もらえる電子マネーもamazonギフト券・楽天Edy・nanacoポイント・iTunesカードなど、かなり使いやすい形でもらえます。結婚生活では家具や家電を揃えることも多いので、アマゾンや楽天は使いますよね。

ただ、マイナビウェディングは応募に少し手間がかかります。手順は次の4ステップ。

  1. 氏名・メールアドレス・電話番号を入力してエントリー。
  2. 【指定の】ブライダルフェアや式場見学を探して予約。
  3. ブライダルフェア・式場見学に参加。
  4. 式場で受け取る見積書or契約書を添付して、正式応募。
ゼクシィはフェアを予約するだけで1件にカウントされましたが、マイナビは参加して1件です。また、参加後に正式応募が必要なので、ちょっと面倒です。。ですがもらえる額は大きいので、注意しながら進めたいところですね。

また、特典をもらう上で特に気をつけたいのは、次の3ポイント。

  • 「挙式予定で、2人で式場へ向かう必要があること」
  • 「正式応募で見積書・契約書の画像が必要なこと」
  • 「指定の式場でないと、1件としてカウントされないこと」
マイナビウェディングはキャンペーンの額が大きいので、不正を防ぐためにハードルが高めになっています。

ただ、逆に言えば「面倒だから、まあいっか」と思う人は多そうなので、やればギフト券はキッチリとゲットできそうです(笑)

ハナユメは電子マネーが最大30,000円!

ハナユメでは、電子マネーが最大30,000円もらえます。

【キャンペーン期間】
エントリー・フェア予約:2018年5月21日(月)まで
フェア参加:2018年5月31日(木)まで
アンケート回答:2018年6月30日(土)まで
受け取れる電子マネーの額は、次の通りです。
  • ブライダルフェア1会場のアンケート回答で15,000円分。
  • ブライダルフェア2会場のアンケート回答で25,000円分。
  • ブライダルフェア3会場のアンケート回答で28,000円分。
  • ハナユメウエディングデスク来店で+2,000円分。
ハナユメで受け取れる電子マネーも、amazonギフト券・楽天Edy・nanacoポイントなど、使い勝手が良いです。1会場行くだけでも15,000円分の電子マネーがもらえるので、かなりおトクですよね。

ハナユメは検索できる式場が約600件ほどなので、目当てのブライダルフェアが見つかれば使えるサイトです。

キャンペーンの応募手順は次の通りです。

  1. 氏名・メールアドレス・電話番号を入力してエントリー。
  2. ブライダルフェアを探して予約。
  3. ブライダルフェアに参加。
  4. アンケートを回答すると、後日ギフト券をもらえる。

楽天ウェディングは楽天スーパーポイントが最大35,000ポイント!

最後に楽天ウェディング。ランキング1位で、一番オススメのサイトです。

【キャンペーン期間】
エントリー・フェア予約&参加:2018年3月28日(水)~ 2018年5月30日(水)9:59
結婚式成約:2018年3月28日(水)~ 2018年8月31日(金)
楽天ウェディングは楽天のサービスなので、「楽天スーパーポイント」で特典をもらえます。
  • ブライダルフェア・式場見学1件につき3,000ポイント(最大5件まで)。
  • 挙式の契約で20,000ポイント。
    (ポイント=楽天スーパーポイント)
例えば楽天ウェディングを通して5件のブライダルフェアへ行くと、3,000×5件=15,000ポイントがもらえます。さらにそこから挙式の契約を決めると20,000ポイントももらえて、35,000ポイントとなります。
  1. エントリー(楽天を使っていれば、カンタン)。
  2. ブライダルフェアや式場見学を探して予約。
  3. ブライダルフェア・式場見学に参加。
  4. 挙式の契約をすれば、20,000ポイント追加。
楽天ウェディングは楽天を使っているならオススメ。エントリーがカンタンで、フェアを予約して参加すれば、自動的に行ったフェア数だけのポイントがつきます。さらに3~4つのフェアへ行けばその中から式場が決まることは多いので、20,000ポイントも期待できます。

結婚式場・ブライダルフェア探しサイトを使って、おトクに式場を探そう

結婚式場やブライダルフェアを探せるサイトはたくさんありますが、上のように少しずつキャンペーンの内容が違います。結婚式は大きな費用がかかるので、サイトを上手く使ってなるべくおトクにできると良いですよね。ランキングを参考にして、ぜひあなたに合うサイトを使ってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です