結婚式場が開催するブライダルフェアの選び方!考えるべきポイントは?

ブライダルフェアへ初めて参加するときには、「どのフェアを選べば良いのか分からない」ということもあると思います。ブライダルフェアはいろんな式場が開催しているため、確かに迷いますよね。

こういうときは「ブライダルフェアの選び方」を知っておくことが大切!式場のスタイルやブライダルフェアの種類を理解すると、行きたいフェアを見つけることができます。

まずは写真を見て、ピンときたフェアに参加するのもオススメ

どのブライダルフェアに行こうか迷ったら、まずはネット版のゼクシィマイナビウェディングをざっと眺めるのがオススメです。いろんな写真を眺めていると「ここが見てみたい!」と感じる式場が見つかるので、そのフェアを検討すると良いです。

直感的にピンとくる式場は、あなたの好みにマッチしていることが多いです。こうした式場をきっかけにさまざまなブライダルフェアへ足を運ぶと、よりしっかりと結婚式場を絞り込むことができます。

フェアの選び方は下で解説するものの、まずは気軽に参加してみるのもアリです。ブライダルフェアでは式場の雰囲気や食事、ドレスなど、さまざまなことを体験できるので、「行けばわかるさ!」という面があります(笑)

「式場のスタイル」を決めて、候補のフェアを絞り込もう

初めて行くフェアを絞り込むには、「式場のスタイル」を考えると良いです。

チャペルウェディング:チャペル(礼拝堂)がある、一般的なスタイルの結婚式場。
ホテルウェディング:ホテルにチャペルがある結婚式場。優雅な雰囲気や上質感がある。
レストランウェディング:レストランで式を挙げる結婚式場。食事重視の式ができる。
ゲストハウス:邸宅のような建物に参加者を招く結婚式場。アットホームでオリジナリティを演出しやすい。
和風結婚式場:新婦は着物、新郎は袴を着る結婚式場。日本古来のスタイルで挙式できる。
結婚式場のスタイルは上のように、さまざまな種類に分かれています。カップルそれぞれで、どのスタイルが合うかは異なります。2人で結婚式のイメージを相談して、それに合う式場のブライダルフェアに参加すると話がスムーズに進みます。

結婚式は「挙式予定日の半年~1年前」から考え始めるのが良いタイミング。早く相談を始めるほど、じっくりとイメージや内容を詰めることができます。最初に決めたイメージから変更しても構わないので、まずは「これがいいかな」というスタイルを相談してみましょう。

ブライダルフェアは基本的に無料。ただし中には有料のフェアも

ブライダルフェアを探すときには、「有料のフェアもアリかどうか」も考えておくと良いです。

ブライダルフェアのほとんどは、無料で参加できます。フェアでは試食やドレス、エステの体験などをできますが、全て無料となっていることが多いです。ただ、高級ホテルで行われるブライダルフェアなどは、1,000円~5,000円くらいの有料になっていることがあります。

有料のフェアは参加を控える人が多いものの、実はおトクな面もあります。「通常なら1万円以上するコース料理を半額で楽しめる」など、かなり大きなメリットがあります。飲み会1回くらいの費用で非日常の体験ができるので、1度行ってみるのはアリだと思います。

ちなみに無料のブライダルフェアでも、十分楽しむことはできます。管理人も無料のフェアを中心に回りましたが、試食や特典もついていてスタッフの方もていねいで楽しめました。

内容から、興味の湧くフェアを見つける

ブライダルフェアは、ネット版のゼクシィやマイナビウェディングで探すことが多いと思います。ゼクシィやマイナビウェディングでフェアを検索すると「相談会」や「試食会」など、種類があることに気付くと思います。

相談会:結婚式の希望をスタッフに伝えながら、見学や体験をできる。
試食会:試食メインのブライダルフェア。相談会と似た内容の場合もある。
ドレス試着会:ドレスの試着ができるブライダルフェア。着替えやすい服装で行くと良い。相談会などではドレス試着室の見学のみ。
模擬挙式:「モデルの方が挙式本番を演じるイベント」があるフェア。
模擬披露宴:披露宴会場が本番のようにセッティングされ、演出などを体験できるフェア。試食会も兼ねていることが多い。
エステ体験:特典のひとつとして、エステの体験があるブライダルフェア。
初めてブライダルフェアに参加するなら、「相談会」や「試食会」がオススメですよ。チャペルの雰囲気を確認したり披露宴の料理を試食できたりして、その式場を全般的にチェックできます。すると挙式のイメージが湧きやすくなります。

同じ式場のフェアに2回、3回と足を運ぶのも、挙式を前向きに考えているなら大丈夫です。そのためリピートするときには、ドレスの試着や模擬挙式などのフェアに行ってみるのも良いですね。

また、「まだ挙式の予定はないけれど、結婚式の雰囲気を体験したい」という場合は、ドレスの試着会や模擬挙式、エステ体験などのフェアに行くのもオススメです。いろんな体験をすることで、より結婚式に興味が湧くはずです。

メリット重視で選ぶなら、試食の内容や特典もチェック!

ブライダルフェアに参加すると、試食やオリジナルグッズなどの特典をもらうことができます。せっかくフェアに参加するなら試食や特典が充実しているものを選ぶと、よりお得に楽しむことができます。

試食は簡単な食事だけでなく肉料理やデザートをしっかり食べることができ、グッズは有名シェフのスイーツや式場での写真など、かなり充実していることが多いです。

ブライダルフェアは挙式する式場を決めるカップルだけでなく、結婚式に興味のある人が参加することもできます。正直なところ、上のような試食や特典を目当てにブライダルフェアへ参加する人もいます。

ただ、明らかに試食や特典だけを目的にフェアへ参加すると、スタッフからマイナス印象になってしまいます。そして場合によっては、「式場のブラックリスト」に載ってしまうこともあるようです(汗)そのためブライダルフェアは基本的に、挙式の予定があったり、結婚式に興味があったりする場合にオススメです。

管理人も複数のブライダルフェアに参加しましたが、どこも「こんなに試食させてもらって、特典までもらっていいのかな・・」と感じるくらい充実していました。

フェアの日時・時間帯をチェックしておこう

最後に補足ですが、ブライダルフェアは式場ごとに、開催されている日時が異なります。2人で相談して、予定の合う日にフェアへ参加しましょう。

お互いに仕事が忙しくてフェアへ行けない場合、女性が母親や友人と一緒に出かけたり、1人で行ったりすることもあります。ネット版のゼクシィやマイナビウェディングは、日程を絞り込んでブライダルフェアを検索できます。

ちなみにブライダルフェアは土日も平日も開催しています。平日のほうが人が少なくじっくり相談できるので、予定が合えば平日に行ってみるのはオススメです。

選び方を知って、参加するブライダルフェアを決めよう

ブライダルフェアは、まずは写真を見て気になった式場へ気軽に足を運べばOK。1度フェアにいくと「結婚式場ってやっぱりいいな」「試食が美味しくて、良い披露宴にできそう」など、いろんなことが分かります。そこからさらに、結婚式の計画を詰めていくと良いです。

「フェアをなかなか選べない」という場合は、式場のスタイルやフェアの内容から絞り込むのが良いです。これらに2人の予定も加えれば、候補の式場はかなり絞ることができるはずです。

ブライダルフェアは行ってみるととても楽しく、結婚式が待ち遠しくなるはずです。式場見学や試食、ドレスなどさまざまな体験ができるので、ぜひ足を運んで見てくださいね!

なお、ブライダルフェアへ行くならゼクシィや楽天ウェディングなど、「結婚式場・ブライダルフェア探しのサイト」を使うのがオススメ。

サイトによってキャンペーンが違い、よりお得にフェアへ参加することができます。別ページでオススメのサイトを紹介しているので、合わせて参考にしてくださいね!

>>結婚式場・ブライダルフェア探しはこのサイト!比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です